勝手に「834.194」特設ブログ

サカナクションの7thアルバム「834.194」についての情報を掲載していきます。※予想などについては、あくまで個人的な見解によるものです。

ツアーグッズから考えるサカナクション"834.194"の意味とは?

先日、完璧主義ゆえの発売延期を発表したサカナクションのNewアルバム「834.194」。

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤A 2CD+Blu-ray) (特典内容未定) [ サカナクション ]

価格:6,372円
(2019/3/13 22:01時点)
感想(0件)

 

それを引っさげてのアルバムツアー(とは言うもののアルバム発売延期に伴い全公演アルバム発売前の開催にりましたが。)「SAKANAQUARIUM 2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session」開始5日前にして、ついにツアーグッズが発表になりました。

 

商品一覧ページ | sakanaction / NF Store | ALL

 

今回のグッズの中に気になるものが一つ。

 

それがこちら。

store.emtg.jp

 

なんか数字がたくさん書いてあるTシャツです。

 

見る方向で浮かび上がる文字が変わって見えるというサカナクションお得意の少しお高めなTシャツですが、これまでは「MINORITY」と「MAJORITY」が見えるTシャツでしたが、どうやら今回は違うようです。

 

この記事ではこのTシャツに書かれてある数字からアルバム「834.194」の意味を予想していきます。

 

※今回の記事で書いてある834.194の意味の予想は99%正解だと思いますので、ツアーやアルバムでコンセプトを自分の目で知りたいという方はこの先の閲覧を控えた方が良いかと思います。。

 

Tシャツの数字

f:id:kikoukisun:20190402025721j:plain

834.194 Changing TEE

今回のChanging Tシャツは2種類の"数字"が見る方向でそれぞれ浮かび上がるようになっているようです。

 

その数字は、

(上段)43 03 18 9000 / (下段)35 38 52 9000

(上段)141 19 17 5000 / (下段)139 41 39 3000

 

このたくさんの数字が並べられた一見わけのわからないTシャツですが、、

 

この数字、前回の記事を見ていただければなんの数字かぱっと予想がつくと思います。

 

そう、この数字が表すのは緯度・経度です。

 

 

ということで、早速この緯度と経度をGoogle Mapで調べてみました。

 

What is "43 03 18 9000" & "141 19 17 5000" ?

まずは、Tシャツ上段の数字から。

 

この数字は「北緯43°03'18.9" 東経141°19'17.5"」を表すものとして検索しました。

するとヒットしたのが、北海道札幌市の円山公園駅近くのこの場所。f:id:kikoukisun:20190401211659p:plain

この辺りに何があるのかというと、こちらの建物。

f:id:kikoukisun:20190401211756p:plain

ピンの指してある部分と少しのズレはありますが、この写真の右側の建物がサカナクションにとって非常にゆかりのある建物なんです。 

 

右の建物の3階部分の四角窓のうっすらCOVERと書いてあるところ。現在はなくなっていますが、実はここがサカナクションの原点である音楽練習スタジオ「Studio Bepop」です。

このスタジオでサカナクションは1st, 2ndアルバムの制作を行なっていました。サカナクションが上京した後すぐになくなってしまったようです。

 

当時のこのスタジオでのお話などは、実はサカナクションのB面&リミックス集「懐かしい月は新しい月」の特典Blu-rayに収録されています。持っている方はぜひ確認してみてください。

【送料無料】 サカナクション / 懐かしい月は新しい月 ~Coupling&Remix works~( Blu-ray)【初回限定盤】 【CD】

価格:4,074円
(2019/4/2 02:45時点)
感想(0件)

What is "35 38 52 9000" & "139 41 39 3000" ?

そして、次にTシャツ下段の数字。

 

この数字は「北緯35°38'52.9" 東経139°41'39.3"」を表すものとして検索しました。

するとこの場所がヒット。

f:id:kikoukisun:20190401210906p:plain

サカナクションのコアなファンならわかりますでしょうか。東京都の「青葉台スタジオ」。こちらはサカナクションが普段使用しているレコーディングスタジオです。

f:id:kikoukisun:20190401213526p:plain

青葉台スタジオ

 

[結論]834.194の意味とは? 

この2箇所の経緯度の情報を基に、国土地理院の経緯度から直線距離を計算してくれるWebサイトからこのような計算結果を得ました。

f:id:kikoukisun:20190401214450p:plain

国土地理院 測量計算サイトより

これでもう明らかになりましたね。

 

834.194の意味。それは、、

 

Studio Bepop⇆青葉台スタジオの直線距離

 

これで間違い無いでしょう。

 

私の前回の記事での予想(サカナクションゆかりのライブハウス間の距離)は残念ながら外れてしまいました。

 

予想できなくもない結果だったので数字の意味を当てにいった身としては非常に悔しいですが、今回のツアーのグッズ発表を持って"834.194"の意味は明らかになりました。

 

あとはツアーやアルバムでこのコンセプトを表現していくということで、今ツアーのライブに行く人、アルバムを購入する人はそれぞれ楽しみましょう!!

 

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤B 2CD+DVD) (特典内容未定) [ サカナクション ]

価格:5,292円
(2019/3/13 22:13時点)
感想(1件)

大予想!サカナクションのアルバムタイトル"834.194"の意味は距離?

サカナクションの約6年ぶりとなるオリジナルアルバムの発売決定がついに発表されましたね!

f:id:kikoukisun:20190308174938j:plain

 

その名も「834.194」!!

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤A 2CD+Blu-ray) (特典内容未定) [ サカナクション ]

価格:6,372円
(2019/3/13 22:01時点)
感想(0件)

サカナLOCKS!での発表となりましたが、一郎さんでさえこのタイトルの読み方をどうするか、発表の時点ではまだ決めていなかったようで、「どう読もうかな?」ってしばらく悩んでいました。

ラジオで発表された時点ではこのアルバムタイトルの読み方は「はちさんよん いちきゅうよん」。点は無視して数字をそのまま読んでいました。

 

誰がどう見ようと気になってしまうのがこのタイトルの意味。

 

一郎さんはこの数字の意味はあえてすぐには語らず、アルバムの特設サイトやアリーナツアーでいずれ明確になっていくと言っていました。焦らし上手ですね(笑)

 

私はそんなの待ってられない!ということで、この数字が一体なにを表しているのか。ファン歴6年の私がアルバム発表直後からいろんな予想を立てて検証していきました。

 

Twitterなどでは距離説が有力となっていますが、仮に距離だとして、どこからどこまでの距離なのか。そんな詳細まで予想していきます。

 

そして、多分、これ!というものを見つけたので、気になる人はよかったらこの下を見ていってください!

 

 

※あくまで個人的な予想となります。が、かなり正解に近い予想をしていると思っているので(外れたら恥ずかしいな^^;)、自分でもっと予想したい方や特設サイトやアルバムツアーなどの公式な情報でコンセプトを知りたい方はこれより先は見ない方がいいかもしれません。

 

 

 目次

 

ラジオで語られたヒント

まずはこちらの発言

アルバムのテーマはずっと言い続けてきたことなので。(2019/03/07 サカナLOCKS!より)

 確かに、一郎さんがずっと言い続けていたテーマがあります。

それは「東京」だとか「故郷」「郷愁」。土地に関するワードをアルバムのコンセプトにしているようなことはかねてから言っていました。

初めの頃は「東京」と言っていましたね。アルバムタイトルを「東京」にしようかとまで言っていた覚えがあります。少し経ってから「郷愁」をテーマにアルバムを作っているというのはいろんなところで言っていました。

 

そして、

きっとこの数字がなんのことなのかを理解できた時に、僕らのことを追いかけてくれていた方は多分理解ができるのかなと思っています。(同放送より)

 ということは、この数字はずっと言い続けていたテーマに関係する数字だろうなと。そう思いました。

 

発表と同時に公開された意味深な映像

アルバムの発売決定が発表されたサカナLOCKS!の放送直後、NF RecordsのYouTubeチャンネルから「サカナクション / 834.194」とだけ銘打たれた謎めいた動画がアップされました。

 


サカナクション / 834.194

 

この動画の内容は、車での移動を映像が荒くなるような加工を加えた上で超早送りで再生したような内容です。そして、徐々に"834.194"という文字が現れる仕掛け。たったこれだけの内容ではあるんですが、これがアルバムコンセプトを示唆していない訳が無い。

そんなわけでTwitterでも、撮影された場所がどこなのか特定しようという動きがちょくちょく見られました。

 

私も、もしかしたら数字の意味と繋がるのではないかと思い、スロー再生しては止めを繰り返し、どこからどこにどのように向かっているのか特定してみました。

 

しかしながら、この映像を解析した結果、アルバムコンセプトとは深い関わりがあるものの、タイトルの数字との直接的な関係はなさそうなので、簡単にだけ紹介しますね。

f:id:kikoukisun:20190308131506p:plain

まず最初の風景。これはサカナクションの番組とか見てたらたまに見る景色。

一郎さんの地元小樽の小樽港の映像だと思います。

 

f:id:kikoukisun:20190308131900p:plain

そして最後の景色。これは東京港フェリーターミナルから望む東京湾の景色ですね。ゲートブリッジらしき橋も映っています。 

 

経路は、「小樽港→(道央自動車道)→苫小牧西港→(シルバーフェリーで移動)→八戸港→(そこからは陸路で)東京・有明東京港フェリーターミナルの駐車場」だと予想します。

しかし、この移動と834.194という数字との関連は見つからなかったです。(この動画、小樽港から東京港までを移動した動画かと思いきや、途中で逆再生されていたり急に場所が変わったりよく分からなかったというのが正直なところ)

とはいえ、この動画からわかるように、やはりアルバムコンセプトは「東京」や「故郷(北海道)」が関係してくることだけは間違いなさそうです。

 

コンセプトを深く考えてみる

アルバムのコンセプトは、これまで言い続けていたこととアップされた謎の動画から東京や故郷が関係するとして、このコンセプトについて深く考察してみます。

 

アルバムのコンセプトについてここ最近一郎さんは「郷愁」がテーマだと言い続けていました。そして、このアルバムには『セプテンバー』という、サカナクションの前身バンドであるダッチマン時代の名曲をサカナクション流にアレンジして収録するという話が出ています。

 

そして、(そういえば、特典Blu-ray/DVDの映像の内容が10周年記念イベントの映像だな。)なんて思ったんですね。一時期、アルバムの特典映像は六本木公演の映像だみたいなことを言ってた気もしなくもなかったんですよ。そしてなにより、この10周年記念イベント、2年も前のものなんですね。あえてここで2年前の映像を特典として使うというのは何か意味があるんじゃないか。と考えました。

 

サカナクションの地元北海道と、メジャーとして活動していくために住んでいる東京。

かねてから言っていた「東京」「郷愁」というコンセプト。謎のティザー映像。収録曲。特典映像。これらのアルバムに関わる要素すべてを見ても、あの数字がこのふたつの土地について何か関連があるというのはもはや明確です。

 

834.194は多分、これ!

では、東京と北海道の両方にまつわる数字で834.194ってなんだろうか。

まず、真っ先に思い浮かぶのが距離ですね。834.194kmなんじゃないか。そう思って、まず、YouTubeにアップされた一郎さんの地元小樽の小樽港から東京港の道を辿ればもしかして?と思いましたが、その移動距離は余裕で1000kmを超えました。

じゃあ、次に考えられるのが直線距離。これも例の動画のスタート地点からゴール地点の距離をGoogle Mapさんで測ると、、

f:id:kikoukisun:20190308171058p:plain

850km!!

ちょっと近づいた?

 

となると、やはり北海道のどこかと東京のどこかの直線距離なんじゃないかなと思い、サカナクションゆかりの思い当たる場所をいろいろ組み合わせて試しました。

 

北海道庁東京都庁?一郎さんの出身高校から青葉台スタジオ?

いろいろ調べて行った結果、コンセプト的にも距離的にも一番近いんじゃないか?ってものが見つかりました。

f:id:kikoukisun:20190308172105p:plain

834.49km!!

誤差300mですよ!タイトルの数字はたぶんこの2箇所の直線距離じゃないでしょうか?

 

その場所とは、

札幌の「KRAPS HALL」と

東京の「新木場STUDIO COAST

です!

 

サカナクション」という名前で初めてライブを行ったとされるKRAPS HALLと、サカナクションの10周年記念ライブを行った新木場STUDIO COAST

 

この2会場を直線で結んだ時の距離が今回のアルバムタイトルになったと考えれば、ラジオでの発言も謎の映像が表している内容も前身バンドの曲を再編して収録されることも初回限定特典が約半年前の六本木特別公演ではなく2年も前の10周年記念イベントを収録した映像であることもすべて辻褄が合うと思うんです。

 

気になる点

・微妙な誤差が気になる。

・仮にこの数字が距離だったとしてサカナクションサイドはどうやって1m単位で計測したのか。

・実はKRAPS HALLのすぐ近くにBESSIE HALLというライブハウスがあり、このライブハウスもサカナクションにとっては初めてワンマンライブを行った地でありとてもゆかりが強い。そのため、もしかしたら新木場STUDIO COASTからBESSIE HALLの直線距離かもしれない。

  

--------------------------------- 

私の予想は以上です。

 

このアルバムを引っさげてのアリーナツアーも4月から開催され、ツアーのちょうど真ん中でアルバムが発売されることになります。アルバムだけでなくツアーも「834.194」のコンセプトを表現するライブとなるようなので、どのような演出が取り入れられるのか非常に楽しみですね。

アルバム「834.194」を機に次のフェーズへ進む宣言をしているサカナクション。アルバムのコンセプトも含め、これからの動向に注目しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤B 2CD+DVD) (特典内容未定) [ サカナクション ]

価格:5,292円
(2019/3/13 22:13時点)
感想(1件)

サカナクション7thアルバム「834.194」のデータ

2019年3月7日(木)、サカナクション山口一郎がパーソナリティを務める「SCHOOL OF LOCK!」の「サカナLOCKS」にてサカナクションにとって6年ぶりとなるNewアルバムの発売決定が発表されました。

 

そのアルバムの詳細は以下。 

サカナクション 7thアルバム

タイトル

834.194

発売日

2019年4月24日

2019年6月19日に延期されました

販売形態

<通常盤>(2CD)

<完全生産限定盤A>(2CD+Blu-ray

<完全生産限定盤B>(2CD+DVD)

※完全生産限定盤は豪華特殊パッケージ仕様(詳細は後日発表)

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤A 2CD+Blu-ray) (特典内容未定) [ サカナクション ]

価格:6,372円
(2019/3/13 23:03時点)
感想(0件)

収録内容

<CD>

「グッドバイ/ユリイカ」以降の全シングル曲と陽炎を含む代表曲に、多数の新曲を加えた2枚組。

<Blu-ray / DVD>

2017年5月9日に東京・新木場STUDIO COASTにて行われたサカナクションの10周年記念イベント"2007.05.09-2017.05.09"で、ファンやメンバー、そしてチームサカナクションスタッフなどのリクエストに基づいて披露された全15曲と10年間を振り返るMCを収録した130分超えの充実した内容を収録。

=収録曲=

 1. 涙ディライト
 2. ネプトゥーヌス
 3. YES NO
 4. アムスフィッシュ
 5. ドキュメント
 6. フクロウ
 7. スプーンと汗
 8. enough
 9. エンドレス
 10. 三日月サンセット
 11. ナイトフィッシングイズグッド
 12. 白波トップウォーター
 13. 目が明く藍色
 14. 「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
 15. グッドバイ

また、Blu-rayのみ「多分、風。」「新宝島」「さよならはエモーション」「蓮の花」「グッドバイ」「ユリイカ」のMUSIC VIDEOを収録。

 

 

アルバムツアー

アルバムの発売決定に伴い、すでに発表されていた4月からのアリーナツアーがこのアルバムのコンセプトツアーになることが発表された。

 

ツアータイトル

 SAKANAQUARIUM 2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session

ツアー日程

 4月6日(土)幕張メッセ国際展示場9-11ホール
 4月7日(日)幕張メッセ国際展示場9-11ホール
 4月14日(日)広島サンプラザホール
 4月20日(土)ゼビオアリーナ仙台 
 4月21日(日)ゼビオアリーナ仙台
 5月3日(金・祝)北海道立総合体育センター 北海きたえーる
 5月21日(火)大阪城ホール
 5月22日(水)大阪城ホール
 6月9日(日)マリンメッセ福岡
 6月14日(金)ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場

チケット情報

一般発売:3月9日

席種:スペシャル 8,800円、レギュラー 7,000円、スタンド 7,000円